排湾族と魯凱族の石板屋集落

パイワン族とルカイ族の石板屋集落は、パイワン族とルカイ族の歴史文化遺産を完全な形で保存しており、人類学や建築学などの学者の研究対象として興味を引き付けている。エリア内の集落と山の自然の景観といった文化資源が、有機的に結合し、よく保存されていることで、伝統的な集落や家屋、家屋の前庭、採石場、水源地、伝統的な領域が如実に記録されているということが、世界遺産登録基準第2項、並びに世界遺産登録基準第5項に合致する。

当会主催「楽習会」「視察」等における、上記候補地に関わるレポート